育毛と食生活 | 生活習慣の改善

偏りのある食生活を改める

特に、20代の若い世代で忙しさと簡単さを理由に栄養のかたよりのある食生活を
している方がいらっしゃると思います。

 

 

インスタント食品、コンビニ弁当などで食事を済ませていると髪の毛に必要な栄養素
がいきわたらなくなるばかりか頭皮が脂質分が多くなって抜け毛の原因になります。

 

 

不規則な食生活が生活習慣になると、毛髪だけでなく健康も害しますので、
食生活を改善すべきです。

 

 

分かっていながら改善できないという方は、育毛は、就職や婚活と同じように
真正面から取り組まないと成果が出ないことをご自分に何度も言い聞かせるべき
でしょう。

 

 

 

髪の毛の成分である良質なタンパク質をとる

髪の毛は、タンパク質からつくられる 「ケラチン」という18種類のアミノ酸が結合してできています。

 

 

タンパク質は、動物性であれば肉・魚・卵などに、植物性であれば大豆に多く含まれます。

 

 

しかし、動物性タンパク質の牛肉にような脂質が多いものを食べると、頭皮の皮脂分泌が多くなり毛穴をつまら
                                        せる原因になります。

 

 

良質なタンパク質をとるには、畑の肉と言われる植物性タンパク質を多く含む
ダイズを食べることです。

 

 

ダイズには、イソフラボンという女性ホルモンに似たはたらきをする成分が含まれて
いるので、抜け毛を防ぐにはとても良い食べ物です。

 

 

また、ダイズに含まれる植物繊維は、毛根部の立毛肉をせつくるの材料になります。

 

 

ダイズは、味噌、豆腐、納豆なの食材に含まれますが、肉類のように頭皮に脂質を
増やすこともなく、体への吸収率がよいので、すぐれた食材です。

 

 

 


アミノ酸の合成を助けるビタミン

ビタミンを豊富にとることは、育毛にとっても大切なことですが、育毛にとって良いビタミンの種類をあげていきます。

 

 

まず、毛髪と頭皮に良いのがビタミンAです。

 

 

ビタミンAが多く含まれるの食材は 緑黄色植物で、ニンジン、ピーマン、かぼちゃ、ブロッコリーなどがあります。 

 

 

ビタミンAは熱に弱いですので、生野菜で食べる方がよいです。

 

 

ただし、ビタミンAは油に溶ける性質があるので、加熱するときは 油で炒める
とよいです。

 

 

また、ビタミンAは,ウナギや魚の肝にもたくさん含まれますが、
緑色野菜を食べていれば十分です。

 

 

次に、ビタミンB6は、血液をつくるのに必要な栄養素であり、タンパク質から
アミノ酸を合成するのに不可欠です。

 

 

ビタミンB6は、マグロや カツオ、イワシ、アジ、サバ、サンマ などの青魚に
たくさん含まれています。

 

 

 

青魚は、ダイズと同じように高タンパクで、消化されやすく、カルシウムの吸収を
助けるこビタミンDがたくさん含まれています。

 

 

カルシウムは、髪の毛の色素を作り出すのに必要な成分ですので、
健康で黒い髪の毛を育てるためにはカルシウムをとることが不可欠です。

 

 

ビタミンDは、青魚や鮭などの魚に多く含まれています。

 

 

魚は、育毛だけでなく健康にとてもよい食材ですので、
肉中心の食生活をしておられる方は、
この機会に魚を多くとるようにするとよいです。

 


脱毛を抑える亜鉛などのミネラル

ミネラルとは、亜鉛、カリウム、ナトリウム、鉄、銅などの無機物で人間が健康な体の維持をしていくのに必要な物質です。

 

 

この中で、亜鉛は男性ホルモンによる脱毛を抑える効果があります。

 

 

亜鉛がたくさん含まれる食材は、牡蠣(かき)、イワシなど青魚、緑茶などです。

 

 

とくに、牡蠣は(かき)海のミルクとも言われ、アミノ酸も豊富です。

 

 

育毛に良いと言われてきた海草類については、髪の毛に直接に良い効果は
ないことが分かっています。

 

 

ただし、海草類のぬめりの成分が頭皮を保湿する効果があるために
育毛剤の原料として使われます。

 

 

また、海草類は、ビタミンを豊富に含みますので、バランスの良い食事を摂る
という意味では食べたほうがよいでしょう。

 

 

 




 
ホーム 育毛と食生活 育毛と有酸素運動 育毛のツボ 白髪染め