生え際の育毛 | 男性ホルモンの脱毛因子を阻止

男性のM字ハゲは女性にも現れる

女性に多い脱毛症は、びまん性脱毛症といって分け目あたりから
髪全体が薄くなる脱毛症です。

 

 

びまん性脱毛症の原因は、年齢とともに女性ホルモンのエストロエゲンが
減少することにあります。

 

 

ところが、おでこの両はしかのえ際が薄くなったり(ハミルトン型、男性に多い
M字ハゲ)、おでこの生え際から頭頂部にかけて薄くなる症状(クリスマスツリー
型)の方もいらっしゃいます。

 

 

 

生え際には産毛がはえていて自然に抜けてしまうのではないかと
思って放置しておくと抜け毛がどんどん増えていきます。

 

 

しかも、生え際の抜け毛については、頭頂部よりも治りにくいですので、
早めのケアが必要になります。

 

 

 

生え際の抜け毛が治りにくい理由

生え際の抜け毛については、男性ホルモンが大きく影響してきます。

 

 

女性あっても男性ホルモンが体の中にあります。

 

 

このサイトのホルモンのはたらきのところでも述べていますが、男性ホルモンの一種
テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することによってDHT
(ドロテストステロン)が、生成されます。

 

 

 

このDHTは、おでこに近い前頭部に集中して、毛母細胞の中の毛乳頭を
刺激し、毛根を萎縮させるため、髪の毛がよく育たずに抜け落ちてしまいます。 

 

 

また、生え際の抜け毛が治りにくい理由として、前頭部には顔面の筋肉を守る
はたらきをする帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)という丈夫な膜があります。

 

 

 

この膜は硬くなりやすく、硬くなると血行不良となるため、おでこの生え際の産毛や
毛髪に必要な栄養素がいきわたりにくなり、抜け毛の原因になります。

 

 

以上が、生え際の抜け毛が治りにくい理由ですが、
男性ホルモンのはたらきを抑制するとともに、
頭皮を柔らかくし、血行をよくすることが大切です。

 

 

 

 



 
ホーム 育毛と食生活 育毛と有酸素運動 育毛のツボ 白髪染め