進化し続ける育毛技術 | 最新の育毛剤と再生医療

新成分アルガスー2を配合して大リニューアルしたイクオス

昨年9月に大リニューアルしたイクオス が人気沸騰中です。

 

 

イクオスは、人気育毛剤のチャップアップやブブカ、マイナチュレと製造元が同じ
天真堂です。

 

 

ともにM-034(北海道産三石昆布抽出エキス)が配合され、AGA治療薬の
ミノキシジルと同様に発毛促進力があります。

 

 

いままでイクオスは、天真堂の「ソヴール08」という原型のままの成分でしたが、
昨年の大リニューアルで新成分アルガスー2を配合しました。

 

 

アルガスー2は渇藻エキスを原料にしてつくられ、キャピキシルよりも強力だと
言われています。

 

 

イクオスの公式ページには、株式会社キーリーが独自に行ったモニター調査
の結果が発表されています。

 

 

 

 

3ヶ月の自社モニターの調査だけで、キャピキシル育毛剤よりも強力である
とは断定できないと思います。

 

 

また、16種類もの活性化アミノ酸を配合して毛母細胞を活性化したり、
7種類のエイジングケア成分を配合して老化防止の効果が期待される
ところではあります。

 

 

さらに、低分子ナノ化(超微粒子化)して成分が毛根まで浸透しやすくなって
いるので、すぐれた育毛剤であることは間違いないようです。

 

 

女性の場合でもご使用になってもよいようですので、気になる方は公式ページ
をご覧になってみてください。

 

育毛剤イクオス

 

⇒天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>

 

 

 

 

 

AGA治療薬よりも強力なキャピキシル配合育毛剤

キャピキシルは、カナダの化粧品会社LUCAS MEYER(ルーカス・マイヤー・コスメティックス社)
によって2011年に開発された発毛成分です。

 

 

キャピキシルは、アカツメクサエキスに含まれるビオカニンAというイソフラボンの
一種と毛根を包む毛母細胞の修復に必要な4つのアミノ酸を含む
アセチルテラペプチド3を合成してつくられました。

 

 

ビオカニンAは、女性ホルモンと似たはたらきをし、
男性ホルモンDHTの生成を抑制します。

 

 

キャピキシルは、育毛サロンや皮膚科で発毛剤として処方されている

 

 

医薬品のミノキシジルの3倍の発毛力があることが実証されています。

 

 

 

カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発してから、
世界中にその効能が口コミが広まり、日本でも2015年4月から
キャピキシル配合育毛剤 が次々と製造発売されています。

 

 

キャピキシルは、ミノキシジルやプロペシアのような副作用はありません。

 

 

こちらのサイトでご紹介する育毛剤は、すべて国内で製造されたもの
ですから品質は安全です。

 

 

ただし、キャピキシルが男性ホルモンDHTのはたらきを抑制することを重点
に置いていますので、女性ホルモンの不足を補うものではないこと、お値段
が結構高いのが気になります。

 

 

私は、あくまでも女性はデリケートな頭皮の環境を改善しながら、
女性ホルモンの不足を補うことに重点を置いた無添加の女性育毛剤を
オススメします。

 

 

 

 


最先端医療HARG療法の効果と費用

HARG療法(Hair Re-generative theraphy)とは、毛髪再生治療のことです。

 

 

脂肪幹細胞から抽出した成長因子AAPE(幹細胞抽出増殖因子蛋白質)やビタミン類、
アミノ酸などの栄養素を成分とするHARGカクテルを頭皮に注入して毛周期サイクルを
正常化することで発毛を促します。

 

 

注入の方法には、次の4つがあります。治療方法によって、若干の痛みが伴います。

 

 

パピュール法
射針によってHRAGカクテルを注入する方法

 

 

フラクショナルレーザー法
フラクショナルレーザーで皮膚に極小の穴をあけてHRAGカクテルを浸透させる方法

 

 

ナパージュ法
頭皮の表皮にHRAGカクテルを注射する方法

 

 

ダーマローラー法
極細の針がついたローラーを使用してHRAGカクテルを浸透させる方法

 

 

 

注入するカプセルには、アレルギー物質が含まれておらず、副作用はなく、
男性だけでなく、女性にも対応できます。

 

 

ただし、HARG療法は最新の医療技術とはいえ、十分な効果が得られなかった
症例もあり、効果が現れるまで通常で3か月〜8か月程度かかることを考えると、
ふつうの育毛剤を使用した場合と大差ないようです。

 

 

月1〜2回の通院をして、効果が現れるまで5〜10回程度の通院が必要となります。

 

 

費用は、健康保険の対象にならず、1回で8〜12万円くらいですから、
半年で100〜140万円くらい必要です。

 

 

さらに、再生医療の技術が進めば、1ヶ月で数千本の増毛が可能などの情報も
入ってきますが、未だ効果の程が分からない治療法にそれだけの費用をかける
のはどうかと思います。

 

 

それよりは、人間が本来持っている自然治癒力を促すために、
ツボ療法や食生活の見直し、有酸素運動をしていったほうが
効果的だと思います。

 

 

 



 
ホーム 育毛と食生活 育毛と有酸素運動 育毛のツボ 白髪染め