育毛のツボをマッサージ | 自宅で毎日10分するだけ

育毛に効果的なツボとは

女性の薄毛を改善するために、育毛のツボ押しマッサージをすると効果的です。

 

 

本来、ツボは体中にたくさん点在しています。

 

 

ツボの数は、公表する鍼灸師やあんまマッサージ師などの団体などでによって
多少異なりますが、国連のWHO(世界保健機構)が認定しているのは361個です。

 

 

鍼灸師やあんまマッサージ師は、数多くのツボの中から
患者の状態を見て、効果的なツボを選んでマッサージしていきます。

 

 

私たち素人でも簡単に自宅でマッサージできる、育毛に効果的なツボを
いくつかご紹介します。

 

 

マッサージのやり方は、親指で押す指圧ですることが多いですが、
ツボ押し棒で押す方法、ヘアブラシのブラシの先で軽く叩くたり、
輪ゴムで止めた爪楊枝(10本位)の先で刺激する方法もあります。

 

 

また、手のひらをマッサージするときは、ゴルフボールを握るなどの方法、
足裏であれば、踏み板や青竹、ゴルフボールなどを踏む方法もあります。

 

 

マッサージする時間帯は、忙しくなくリラックスしているときが良く、
風呂上がりなどの血行が良い状態のときにするのがベストです。

 

 

仕事の合間や移動中にするのは、気分転換やリラックスするのによいと
思いますが、テレビを見たり何か食べながらするなどの「ながらマッサージ」は
よくありません。

 

 

できるだけ、意識を集中して、血行が促進されて抜け毛が止まり、
丈夫な髪の毛が生えてくることをイメージしてマッサージするのがコツです。

 

 

【百会(ひゃくえ)・天柱(てんちゅう)・風池(ふうち)】


百会は、頭のてっぺんにあるツボです。百会という名前は、「数多くの気(血液)が出会う処」という意味から来ていますので、ストレスの軽減をしたり、自律神経のバランスをとるだけでなく、かなり万能なツボです。

 

 

マッサージをするときは、通常は親指で指圧しますが、ヘアブラシで叩いて刺激する方法もあります。

 

 

天柱は、首から上の頭・耳・目・鼻などのあらゆる症状に効果があるツボです。

 

 

頭皮の新陳代謝を活発にし、抜け毛予防をしたり、顔のむくみ解消にも効果があります。

 

 

風池は、後頭部中央のくぼみから、左右それぞれに指2本分外側で髪の生え際よりも少し上にあります。

 

 

風池は、眠気を感じる時や、頭がぼんやりしている場合などにマッサージすると頭がすっきりしてきます。

 

 

天柱や風池は、首と頭の間にあるので、この部分の血行が悪くなると、
頭に血液が流れにくくなって自律神経のはたらきが鈍くなり、
身体の具合がいろいろ悪くなっていきます。

 

 

天柱と風池のツボをマッサージするときは、両方の手のひらで頭をつつみながら
2本の親指を使って指圧します。

 

 

親指で約3秒押し続け、その後3秒離しますのが基本です。

 

 

これを数回繰り返すだけですが、痛いときは無理しないようにしましょう。

 

 


【労宮(ろうきゅう)・脱毛点・小骨空(しょうこっくう)】



労宮の名前は、心苦労の集まる場所という意味からきていて、疲れがたまるところです。

 

古くから、癒しのツボとされ、血行が良くなり、からだの緊張をほぐしたり、気持ちを落ち着かせることができます。頭・首・肩のコリをとるのにも効果的です。マッサージするときは、反対側の手の親指で5秒間押したら5秒間休むことを5セット行うのがオススメです。

 

脱毛点は、親指の付け根にある皺の中央にあるツボで、弱い髪の毛や細い髪の毛が抜けるのを防ぐ効果があると言われています。このツボは押すのではなく、周りも一緒に揉みほぐします。風呂上がりなどに左右各20回ずつ揉みます。

 

小骨空は、小指の第一関節の中央にあるツボです。目の疲れやストレスを軽くするツボですが、抜け毛を防止する効果があります。小骨空を少し強めの力加減でつまんでは放すことを左右各20回ずつ繰り返します。

 

 


【三陰交(さんいんこう)】

三陰交は更年期障害に効くツボと言われています。

 

女性の40〜50代で更年期になると、ホルモンのバランスがくずれ、抜け毛が多くなることがあります。

 

三陰交をマッサージすることは抜け毛が防止するだけでなく、更年期特有の動悸、頭痛、冷え症、のぼせ、倦怠感、イライラなどの不快感を軽減し、肝臓脾臓腎臓の経路が整っていき、体全体の不調が改善されていきます。

 

三陰交の場所は、足首のくるぶしから手の指4本分上にあります。

 

マッサージのやり方は、緩圧法という指圧の方法がオススメです。

 

具体的には、両手の親指を重ねてツボに当てながら、
次のように数字を1秒ずつ数えながら指圧していきます。

 

1・2・3・4・5と数えながら、ゆっくり圧を加えていきます。
1・2・3・4・5・6・7と数えながら、深く押し続けます。
1・2・3・4・5と数えながら、ゆっくりと圧をゆるめていきます。

 

これで1セットですが、これを3〜5分間繰り返していきましょう。

 

 


【湧泉点足裏(ゆうせんてんそくり)】

足裏にはたくさんツボがありますが、ここでは育毛に効くツボとして湧泉点足裏をあげてみます。この疲労回復だけでなく万能に効くツボと言われています。

 

基本的に足裏のツボは、体中の老廃物を流し去り、血行促進や新陳代謝を活性化し、筋肉のコリや内臓疾患を改善します。

 

湧泉点足裏の場所は、足裏の親指の下にあるふくらみと親指の付け根の中間にあります。足の5本指をグッと内側に曲げると足裏にくぼみができますので、そのくぼみが湧泉点です。

 

マッサージするときは、親指で強めに10〜15秒間押しし続けます。少し痛いくらいのほうがよく、痛いほど老廃物がたまっています。

 

 

もし、親指でマッサージしずらいのであれば、ツボ押し棒で押す方法、踏み板や
青竹、ゴルフボールなどを踏む方法もありますので、ご自分に合う方法ですると
よいでしょう。

 

 

これを1日に数回やるだけで効果があります。




 
ホーム 育毛と食生活 育毛と有酸素運動 育毛のツボ 白髪染め