良いシャンプーの選び方と上手なドライヤーのかけ方

頭皮と髪の毛に良いのはアミノ酸系シャンプー

シャンプーには、石油系(高級アルコール系)、せっけん系、アミノ酸系の3種類が
あります。

 

 

CMで広告しているような市販されているシャンプーは、ほとんどが石油系です。

 

 

石油系は、高級系とも呼ばれますが、値段や品質が高級というのではなく、
「成分に含まれる炭素の割合が高い」という意味で高級という言葉が使われます。

 

 

この炭素数が高いほど界面活性剤の強度も高くなります。

 

 

石油系シャンプーは、界面活性剤が強いため泡立ちがよく洗浄力が強いので、
頭皮から必要な皮脂まで取りすぎてしまうた、頭皮を乾燥させることになります。

 

 

また、石油系シャンプーのほとんどにシリコンが含まれていて、
コーティング効果があり髪にうるおいとツヤをもたらす反面、
頭皮にかゆみを起こしたり、毛穴にシリコンが詰まって、
髪の毛を抜けさせる原因となります。

 

 

 

したがって、市販されている石油系シャンプーは、香りも泡立ちも仕上がりもよい
のですが、頭皮と髪の毛には良くないです。

 

 

次に、せっけん系シャンプーは成分がアルカリ性で髪の表面の角質化したタンパク質
の層であるキューティクルを分解してしまうので、髪に潤いがなくなりゴワゴワした
感じになります。

 

 

 

せっけん系は、値段も安く体に害がないので、使用されている方が
少なくないですが、髪の毛に良くないです。

 

 

最後に、アミノ酸系についてですが、
本来髪の毛の成分はアミノ酸で構成されたタンパク質ですので、
アミノ酸系でシャンプーしますと、髪の毛が健康でイキイキとしてきます。

 

 

また、頭皮のよごれはしっかり取り除いてくれるため、
アミノ酸系シャンプーは頭皮にも髪の毛にも良いシャンプーといえます。

 

 

 

 

石油系・せっけん系・アミノ酸系の見分け方 | 界面活性剤の種類

石油系・せっけん系・アミノ酸系の見分け方は、
シャンプーのボトルの裏には必ず成分が表示されていますので、
配合させている界面活性剤によって分かります。

 

 

石油系・せっけん系・アミノ酸系の順に、配合されている界面活性剤の強度は弱くなりますが、
アミノ酸系のシャンプーでも十分な泡立ちと洗浄力があります。

 

 

界面活性剤の種類は、次のようなものあります。

 

 

石油系シャンプー

 

硫酸系→ラウレス硫酸Na / ラウリル硫酸Na / パレス硫酸Na
スルホン酸系→オレフィン(C14-16)スルホン酸など 

 

※硫酸系の方がスルホン酸系よりも強度が高いです。

 

 

せっけん系

 

カリ石鹸素地 / ラウレス−3酢酸Na など

 

 

アミノ酸系

 

ココイルグルタミン酸TEA / ココイルアラニンTEA /
ラウロイルメチルアラニンNaなど

 

 

市販で購入できるアミノ酸系シャンプーは、お値段はやや高めですが、
いち髪、凛恋(リンレン)、ラサーナ、ミノンなどがあります。

 

 

ただし、アミノ酸系でもスルホン酸系の界面活性剤を混合して、安く販売している

シャンプーもありますので、ご注意ください。

 

 

なお、マイナチュレから出ているシャンプーは、アミノ酸系の界面活性剤ラウロイル

加水分解シルクNaが配合されていて、お値段も市販のものより割安で購入できます
ので、オススメします。

 

 

⇒理想のアミノ酸系無添加シャンプー

 

 

 

 

 

 

朝シャンが頭皮に良くない理由 | 正しいシャンプーの仕方

女性は、よく朝起きて外出前にシャンプーする方が多いですが、頭皮には良くありません。

 

 

朝シャンをすると、頭皮の皮脂成分を必要以上に洗い流してしまうため、
外出したときに紫外線やホコリなどによっ頭皮にダメージを受けてしまうからです。

 

 

ですから、シャンプーは夜だけにされるほうがよいのです。

 

 

また、朝起きたときは体の水分が失われていることが多いですので、
コップ一杯の水を飲むと頭皮にもよいですよ。

 

 

それから、髪を洗うときは、次のようにやりましょう。

 

 

まず、髪を洗う前にかるくブラッシングをしてから、ぬるめの湯で髪をすすぎます。

 

 

髪をすすぐことにより、シャンプーする前に髪についた汚れを落とせます。

 

 

次に、シャンプーを手や泡立てネットにとってから泡立て、
両手で頭皮を泡で包み込むようにします。

 

 

このとき、頭皮と毛根を傷つけないように、両手の指の腹を使ってやさしく
マッサージしながら洗います。

 

 

指の腹でマッサージすることにより血行が促進されますので、
頭皮と髪の毛に良い洗い方になります。

 

 

 

 

 

シャンプー後は自然乾燥かドライヤー乾燥か

シャンプー後の濡れた髪の毛は、キューティクルが開き、一番弱い状態です。

 

 

濡れた髪の毛を乾かさずに寝てしてしまいますと、
髪の毛と枕との摩擦で傷むだけではなく、湿気により頭皮に雑菌が増えやすくなり、
フケ・かゆみの原因になります。

 

 

また、成長ホルモンがもっとも分泌されるのが、睡眠してから約1時間後と言われて
いますので、髪の毛が成長する時間帯に頭皮を清潔に保つためにも、
ドライヤーで乾燥させたほうがよいです。

 

 

しかし、ドライヤーの熱風が、髪の毛を痛めるのではないかと心配もあります。

 

 

髪の毛には「ボイド」と呼ばれる空洞になっている部分があり、
シャンプー後はそこに水分が溜まっています。

 

 

そこへドライヤーの熱風をあてますと、水分が沸点に達してしまい
髪の毛を痛めてしまいます。

 

 

ですから、ドライヤーをかける前に、必ずタオルかドライタオルで
髪の毛を挟みこむようにして水分を拭きとるようにしましょう。

 

 

ドライヤーで髪を乾かすときは、はじめに髪の毛の根元に温風を送り、
ある程度髪が乾いてきたら冷風に切り替えて乾かすことをを交互に
することで、熱から髪の毛を守ることができます。

 

 

また、濡れた髪の毛は、膨潤してキューティクルが開いていますので、
摩擦に弱く傷つきやすいので、ある程度乾くまではブラシではなく
指で髪型をつくっていくと良いです。

 

 

 

 



 
ホーム 育毛と食生活 育毛と有酸素運動 育毛のツボ 白髪染め